世界仰天ニュース涙腺崩壊!極悪少年と捨て犬が起こした奇跡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

しつけ 方法 相談 掲示板 管理人の八橋桜子です。

少年院送りの喧嘩・窃盗の絶えない極悪少年が、
問題犬の世話をすることにより、
更生するなんて有り得るのでしょうか?

画像を追って観ていきましょう!

スクリーンショット 2015-07-17 21.30.27

 

1998年アメリカのオレゴン州。
勝手な飼い主に見放され、
ドッグシェルターに送られた犬と、
暴行と窃盗を繰り返して、
少年院に送られた極悪少年とが、
一つのプロジェクトで巡り会う。

 

スクリーンショット 2015-07-17 21.09.06 copy

 

両親の離婚。引き取られた母親からも見捨てられた、
愛する事を知らない16歳の少年ネート
暴行・窃盗の日々で、とうとう少年院に送られる。

 彼は少年院の中でも暴行が絶えず、
手の付けられない問題児だった

 

ある時、職員のジョアン先生のプロジェクトに誘われ、
興味本位に参加する。

『プロジェクト・プーチ』

少年院の少年達の更生の為に、
ドッグシェルフから犬を選ばせ、
自分で犬の世話を全てこなしながら、
犬のしつけや、色々なトレーニングを
教えるという、プロジェクトだ。

 

人間に裏切られ、人を信じなくなり
ドッグシェルターに送られた犬のティリー。

 

ティリーに全くなつかれず、
餌さえ食べてくれない。
ネートはいきなりの挫折に放置するが….

スクリーンショット 2015-07-17 21.14.00 copy

 「ちゃんと目を見て、名前を呼んであげて。」

はじめは犬の名前を呼ぶ事さえ、
躊躇していたネートだったが、
餌を食べる事を拒否し続けるティリーの事が
頭から離れなくなる。

 

次第にネートの心は揺さぶられ、
やっと名前を呼ぶ事ができるようになった。

 

名前には反応する様になるが、
相変わらず餌を拒否するティリー。

ネートが、ジョアンの助言に従い行うと、
次第に犬のティリーが心を開く様になり、
餌を食べる様になってくれた!

 

そしてネート自身の心も、どんどん変化していった。

スクリーンショット 2015-07-17 21.16.02 copy

問題児のネートと、問題犬のティリーは、
互いに心を開く様になり、
ベストパートナーとなっていった…

 

そんなある日、事件がっ!!

スクリーンショット 2015-07-17 21.17.25

鍵を掛け忘れた為に、ティリーが脱走してしまったのだ!

 

ジョアン先生の許可を得て、
敷地内を必死で探しまわるネート。
しかし、どんなに探しても見つからない!

深い悲しみと絶望に打ち拉がれていると、
ネートの姿を見つけた、犬のティリーが、
遠くから走り寄ってきたのだった!!!

 

感動の再会。

再び、パートナーとの楽しい生活が…..

 

そんな中、ティリーに里親の申し出があった。

スクリーンショット 2015-07-17 21.18.29

とうとう最愛のパートナーとの別れが
やってきてしまったのだ。

 

新しい里親宅には、ジョーダンという
自閉症の男の子がいた。
彼にはトラウマがあるのだろう。

人と接する事を極度に怖がっていた。

 スクリーンショット 2015-07-17 21.19.08

 

犬のティリーにさえ、目を合わす事ができなかった…..
そしてついには、

「ティリーは、ボクの言う事を聞いてくれない。
 ティリーの事がキライになりそうだ。」

 そんな手紙が、ネートの元に届いた。

 

恐れていた事が現実になってしまった。
頭を抱えて考え込んでいたが、
いい案が頭にひらめいた!

ジョーダンは、声や身振りが小さくて、
犬のティリーに上手く伝わって
いないのではないか!?

 

ネートはジェスチャー付きのコマンドを考え、
付きっきりでジョーダンとティリーに
教え込む事にしたのだ。
  スクリーンショット 2015-07-17 21.21.51

 

2ヶ月もの間、毎日の様に訓練が続いた。

  スクリーンショット 2015-07-17 21.27.03

 努力の結果、ジョーダンが、犬のティリーと
心を通わせる事に成功したのだった!

産まれて初めて、楽しそうに走り回りながら、
遊ぶ子供の姿を、母親とジョアン先生が、
涙ながらに見守っていた。

 

スクリーンショット 2015-07-17 21.28.53

 

そして、最愛のパートナー犬ティリーとの別れ。

スクリーンショット 2015-07-17 21.29.37

愛を知らないで育った、極悪少年のネートは、
問題犬のティリーから、愛する事を学んだのだった…..

         ・

         ・

         ・

         ・

取材班は、その後の彼らに会う事が出来た。

 スクリーンショット 2015-07-17 21.33.55

自閉症のジョーダンは、前向きな考え方が
できる様になり、大学に通っていた。

 

スクリーンショット 2015-07-17 21.31.13

極悪少年だったネートは、プロジェクトで
更生され、今では問題を起こす事無く、
ちゃんと働ける様になった。

 

スクリーンショット 2015-07-17 21.35.40

プロジェクトに参加した少年は400人以上。
みな、見事に社会復帰していると言う。

( 以上、ザ・世界仰天ニュースより)

 

如何でしたか?
私は涙腺がゆるくなって、目がウルウルです。

 

….これを読まれている貴方。
もしかして、
愛犬の問題行動に悩まされていませんか?

この感動の実話の様に、愛犬の問題行動に
真っ正面から取り組んでみよう!
とは思いませんか?

 

「そんなことを言っても、
 なかなか噛み癖は直らないのよ!」

とおっしゃる方に朗報です! 

この実話の犬のティリーと同じ
『噛み癖』『引っ張り癖』。

噛み犬専門トレーナーとして有名な、
山本卓 氏の犬のしつけ方法

『噛み犬のしつけに重点的に取り組んできた
 カリスマトレーナーのしつけ法』

こちらで、問題行動の犬のしつけを、
マスターする事をお薦め致します。

このしつけ方法はクオリティーが高く、
評判も大変よいです。

幼犬・成犬・シニア犬・介護犬に至まで
犬の問題行動の対処法を動画とテキストで、
分かりやすく説明してくれます。

更に行き詰まったときには、
なんと!山本氏にメール相談ができます!

直接、個人の質問に対応してくれる、
犬のしつけ教材の著者は他にはいません。

 

ですので、現役バリバリの
ドッグトレーナー山本卓 氏のしつけ方法を
必ずチェックしておく事をお薦めします。

☆レビュー記事はコチラです☆
  ↓ ↓ ↓
凶暴なオオカミ犬でも手なずけられるのか!?
『噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法』

 

 

SNSでもご購読できます。